昇華プリントとは?

従来のプリント方法

一般的に従来のプリント方法として、シルクスクリーンプリント・デジタル転写・カッティング転写・インクジェットなどがあります。

シルクプリントの場合、1色毎に元になる版を作成するためにそれぞれ5,000~20,000円程度の費用が必要になりますので、小ロットの場合は割高になってしまいます。

圧着式のデジタル転写やカッティング転写は、マーキングの数を増やせば増やすほど料金が上がっていってしまうという問題点がありました。また元々は別の物同士を貼りつけてある状態ですので、繰り返して使用し洗濯を重ねていくうちにどうしても剥がれが生じてきます。

インジェットなどは綿素材にしかプリントできないものです。

昇華プリントでは

一方、「昇華プリント」は 昇華転写専用のインクをプリンタで転写紙にプリント後、高温の転写機に転写紙と生地を一緒に通すことにより、転写紙にプリントされたインクが液体から瞬時に気体(気化)となり繊維に染色されます。

従来のプリント方法を「貼る」というイメージならば、昇華プリントは「染める」といったところです。

これにより生地自体の風合いを残しながら写真などの高解像度のデータも、紙にプリントしたような鮮やかな画像が再現できます。従って従来のプリント方法では難しかった非常に細かいデザインの再現やグラデーションなども可能になっております。

また耐擦過性や耐水性もあることからウエア類などでもよく使われております。例えばサッカーならJリーグなどのトップチームでも昇華プリントのユニフォームが採用されていますし、野球の場合も日本代表の侍ジャパンやセ・リーグパ・リーグ各球団でも多く採用されています。

加えて昇華プリントでは白のポリエステル生地に色を染めていきますので、どこにどんなマーキングを入れても絶対に剥がれるという事はありません。というより「剥がれる」という言葉を使用する事自体が当てはまらないと言った方がいいかも知れません。

昇華プリントの優れている点

昇華プリントユニフォームの長所といえば、

(1)マークを圧着するのではなく、生地を染め抜いてマーキングをしますのでごわつく等の違和感が少ない。
また剥がれる心配がありませんし、マークの重みが無いので着用した感触が非常に軽く肌触りがいいのが特徴です。

(2)マーキングの数や大きさに制限がありません。しかもマーキング費用はマーキングをいくつ入れても料金に含まれていますので安心です。

(3)写真などの高解像度のデータやグラデーションもきれいに再現可能。ゴールドのような色合いもできます。

(4)オリジナルユニフォームなので廃版がありません。いつでも1枚・1個から追加注文が可能です。

作成したデザインの風味をそのままプリント

昇華プリントでは、作成したデザインがそのままプリントされますので、色味や模様などを忠実に再現することができます。

例として下の2枚の画像をご覧ください。左がイラストレーターで作成したエンブレムデータで、右が昇華プリントでの実際の仕上がりになります。

※右の写真は実物を室内で撮影した為、若干色味が異なっていますが、品質には問題ありません。